のコースのMarkSetBot USセーリングのユース選手権.

今月初め、MarkSetBotは8,000つの大きなマイルストーンを達成しました。 水上でXNUMXボット日を超えました。 そして、レースコース自動化ツールに関する国際特許でさらに地位を確立しました! 過去XNUMX年間の進歩を振り返ると、「実証済み」という言葉は、今日のMarkSetBotを最もよく表しています。

 
では、証明は私たちにとって何を意味するのでしょうか?

フィールドテストされ、信頼され(経験を通じて得られ)、確立されています。

私たちの旅は、2014年にロボットブイのプロトタイプから始まりました。 2017年に最初のモデルをいじくり回し、調整してベータテストに展開しました。2021年に向けて、MarkSetBotは世界中のクラブや組織から信頼されており、今年は10,000ボット日を達成する予定です。

その間、私たちは多くの条件とユースケースを見てきました。 そして、それは私たちの製品の信頼の最大のポイントのXNUMXつです—私たちは知っています MarkSetBotブイ 私たちがしたのであなたのシナリオで実行するつもりです そこに行ってそれをした。 MarkSetBotは、地元の平日のレースから世界選手権のレガッタまで、世界中のあらゆるレベルのイベントで使用されています。  SailGP F50競馬場用に、新しい超大型マークも開発中です。

早い段階で、私たちはアンカーなしでポジションを保持する技術を習得することに時間を費やしました。 次に、テクノロジーが使いやすく、どのような状況でも信頼できることを保証することに移行しました。 最近、私たちは他のクールなレース委員会の技術との統合に焦点を合わせています。 その過程で、私たちはまた、私たちのコミュニティと彼らの大きなアイデアを受け入れて、顧客のために何百もの機能リクエストを作成しました。

XNUMX年が経ち、個展として始まったものが開花しました。 私たちは構築しました XNUMX人のチーム (そして成長しています!)製品をサポートし、お客様にサービスを提供し、革新と成長を続けます。 私たちの国際的なディーラーネットワークも成長しており、現在はXNUMX大陸のXNUMXか国にあります。

 
MarkSetBotが特許を取得していることをご存知ですか?

イノベーションはMarkSetBotの中核です。 アンカーレスのロボットマークからレース管理テクノロジーの完全なスイートまで、新しいレース管理市場を開拓しました。

私たちの技術は 複数の特許。 2018年に、私たちは自律マークでXNUMXつの特許を取得しました。 私たちの最新の特許は私たちに焦点を当てています レース管理スイート、RaceOS。

特許を取得することは私たちにとって重要でした。なぜなら、最初にアイデアの概念化とプロトタイピングに投資した作業と時間を非常に誇りに思っているからです。その後、大量生産と流通に大きな飛躍を遂げました。 この真新しい市場を創造するにつれ、私たちの知的財産を保護することが重要になりました。 それが私たちに与える権利と保護に加えて、それは私たちの仕事の素晴らしい認識です。

MarkSetBotは、先駆者とクリエイターのチームです。 私たちは常に前進し、常に改善しており、レースコース管理で可能なことを前進させるための新しい方法を探し続けます。