レースコース自動設置アプリRace OS付帯

私たちの歴史

MarkSetBotは、船員のために船員によって構築されています

創設者兼クリエーターのケビン・モーリンは、彼がメンバーだったポンティアックヨットクラブのキャスレイク(ミシガン州)でレースをしているときに、MarkSetBot®を概念化しました。 クラブのすべてのレーサーは年にXNUMX回レース委員会の任務を遂行する必要があり、キャスレイクはレース委員会の仕事にとって挑戦的な場所です。 風は非常にシフトしていて、アンカーを設定するには深すぎるエリアがたくさんあります。 多くの場合、レース委員会は、マークを設定できる唯一の場所であるため、理想的ではないコースを設定することを余儀なくされます。 ケビンは、マークセットボートを交換できるかどうかを考えました。各レーサーは年にXNUMX回だけボランティアをする必要があります。つまり、全員がXNUMX日余分にレースをすることになります。

MarkSetBotの取り組みには、レース管理のしやすさの向上に加えて、 持続可能性 地球から海洋への環境影響調査 MarkSetBotが炭素節約、海底の損傷、潜在的な汚染、レースの改善から恩恵を受けている人々の数、およびセーリングの改善の日数に与える影響を研究しました。 モデル化されたすべてのシナリオで、大幅な改善が認められました。 Earth to Oceanは、「MarkSetBotは、敷設をマークするための非侵襲的で低炭素のソリューションを提供し、競馬場で行われる環境改善の一環として検討する必要がある」と結論付けました。

ケビンは、引退したエンジニアであり、古い家族の友人である故ビル・マーゴリンにプロジェクトを継続するための彼のインスピレーションを称賛しています。 ビルは問題を分析する方法を持っていました、そして彼が亡くなる前の数ヶ月の間に、彼らはMarkSetBotの概念について話しました。 ビルは問題を解決するのが好きだったので、ケビンはある日プロトタイプを病院に持ってきました。 ビルは、予備のプロトタイプを捨てて、ピボット上のプロペラを介して推力を提供する方法を作成することを提案しました。 当時、ケビンは自分が頭がおかしいと思っていましたが、数週間後、GPSベースのトローリングモーターを見たとき、それが道のりだとわかりました。

2014年に、最初の機能的なプロトタイプが開発され、Robobuoy®と呼ばれました。 2016年、ミシガン州ホートンのProNav MarineとMarkSetBotが協力して、最初のプロトタイプを改良しました。 これにより、6年の夏に2017つのクラブでベータ版が作成され、2018年に生産が開始されました。Robobuoyは、使用可能な唯一のインフレータブルで完全にリモート制御されるセールマークであるMarkSetBotの背後にあるコアテクノロジーとして機能します。 2020年XNUMX月、最新のセーリングイノベーションを使用して、世界初の完全自律レガッタを実行しました。 RaceOS™。 現在、MarkSetBotは、コース設定の問題を解決し、世界中のセーリングやウォータースポーツイベントでのセットアップ時間を短縮するために使用されています。