を視聴した場合は、 ニュージーランドセイルグランプリ 今週末、鋭い目で見れば、新しい SailGP F50 コース マークのデビューを見つけたかもしれません。 風下ゲートの巨大な丸いマークは、今後の によって強化された自律マークの完全なコース マークセットボット.

私たちのグランプリ ボット、または GP ボット、とのパートナーシップで構築されました セイルGP 及び SailGP テクノロジー. これらのマークは、直径 5 メートルの巨大なものです。 そのかなりのサイズにより、競馬場の隅々から簡単に見ることができます。 MarkSetBot テクノロジーは、アンカーを使用せずにブイをナビゲートして所定の位置に保持します。

持続可能性 は SailGP の主要な信条であり、GP ボットはその使命をさらに遂行するのに役立ちます。 アップサイクルされた船体とインフレータブルトップサイドは、持続可能な素材で作られています。 バッテリー駆動のマークは、すべて電気モーターを使用して所定の位置に保持され、ソーラー充電が可能です。 MarkSetBot 測位技術のおかげで、これらのマークをステーションに保持するためにアンカーを使用しないため、海底や地域の海洋生態系に損傷を与えることはありません。

MarkSetBot は、1 年のシーズン 2019 から SailGP と提携しており、 標準サイズのボット F50競馬場の境界をマークし、コースを設定する SailGPインスパイア との競争 ワズップ, RSフェバアームストロング翼フォイル. SailGP New Zealand では、なんと XNUMX 台の MarkSetBot がコースに配置され、XNUMX 台の標準 Bot と XNUMX 台の GP Bot が配置されました。

追加の GP ボットは、今後の SailGP イベントで導入され、最終的にこれらの信じられないほどのブイによって設定された完全な F50 競馬場になります。

F50コースGPボットのSailGPラウンド
GP ボットの設定